2008年03月23日

ゴディバ・コーヒー


この世にあることは知っていても、まあ自分では試さないだろうということは数々あります。
嫌いじゃないし、むしろ何となく関心はあるけど別にそんなことしなくても十分楽しく生きていけるしさ、みたいなこと。
私の場合なら、マラソンするとか、ガンプラを作るとか、アボガドを食べるとか、そういうことがすぐに挙げられるのですが、「フレーバーコーヒーを飲む」というのもその中の一つでした。
元々香りのあるものに、別の香りをわざわざつける必要はないじゃないかと思うわけです。紅茶だって、アールグレイ以外はあんまりフレーバーティは好みません。なんてすぐに「アールグレイは可」などと言っているので結局のところ説得力はまるでないんですけどね。

続きを読む


posted by 紅灯 at 17:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 酒・料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

疲労回復

くたびれ果てた昨夜11時過ぎ、仕事場を後にして晩飯を食べに出かけました。晩飯って言う時間じゃないですが。
行き先はこんな時間でもちゃんとしたものが食べられる小料理屋さん。私と同年配の料理人、宮本さんがやってる小さなお店です。
私の顔見るなり宮本さん、「疲れてますねえ」。

まずはビール。突き出しは馬ひも(あばら肉)の燻製バルサミコソース、筋子、キンカン。
続きを読む
posted by 紅灯 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒・料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

ナイトキャップ・スペシャル

熊本の街の魅力の一つは料理がうまいと言うこと。
要は「水がうまい」→「素材がうまい」→「料理がうまい」というシンプルな方程式がベースにあるわけですが、この式に代入する変数として、「料理人の腕」があるのはいうまでもありません。
熊本に限らず、概して九州というのは食いしん坊な人が多いように感じます。
「食い物なんか口に入ればなんだって同じ」という人は、少なくとも私がこれまでに会った経験では圧倒的に首都圏の人が多かった。まあそれは、「何だって同じ」ような「食い物」が街にあふれているせいなんだけれど。
続きを読む
posted by 紅灯 at 14:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 酒・料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。