2008年04月17日

スイカの表と裏

はい、そのまんまです。
世の中にはすべて表と裏があるものでございます。

何が表で何が裏なのか、それを判じることは難しいことでございます。
しかしこの世は表、恨みも表、それでは判じる神さんも大変というものでありますな。

ですから、当座の掟として表、そして裏、それを作ったとしてもそれほど問題でもあるまいなと。

「じゃあなにかワレ、すべてのものに表と裏があるゆーんなら、ホレこのスイカ、表と裏、見せてみらんかい!!」

これも話の当然の帰結というものでございます。

ぼてーっっっと転がってるスイカ。
これに表と裏があろうなど、誰が思いつくものなのか。

あるんです。
スイカに表と裏が。

青果市場の人が力強く言ってました。

「アンタ、知らんと?」

(普通知らん)

「こっちが表、こっちが裏たい!!」

(???)

「見りゃわかろうが」

????????????????????????
????????????????????????

わかりませんでしたが、スイカは食べました。
うまかった。

表と裏の違いは、次回に。


posted by 紅灯 at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。