2008年03月28日

「ドライヤーは、いらないよ」

デイタイムは分単位、追い込んでくると秒単位でたたみかけられる仕事をしていると、とにかくほんの少しでいいので気を抜く時間が欲しくなります。そういう意味で出来る限り確保したいのが昼食時間。
食べることが目的と言うより、一人になりたい。とにかく私を放っておいて!という時間が欲しいのです。1時間とは言わない。30分でいいから。ぼーっとしながらご飯食べてコーヒーを飲む。大切な息抜きタイム。

で、とあるカフェでランチ食べていたのですが、隣のテーブルに座った若い女性2人の話が聞こえてきます。私の並びの女性はよく見えませんが、反対の席に座った女性は、高校生くらいでしょうか。割と大柄でボーイッシュなショートヘアにすこしおっとりした顔。
話に夢中になっているので、隣のおっさんのことなど全く見てません。言葉遣いから、このおっとりした子の方が後輩のようです。
「厨房で動きやすい靴をはいたほうがいいよ」
「そうですね」
などと話していたので、(ああ、バイトの紹介かな、春らしいな)などと思っていたのですが、どうも違う。
「起床時間は6時半、これ絶対だから」などと言っています。
(寮生活を始めるのかな、今時珍しいな)と思っていると、これがどんどんエスカレート。
「目覚まし持ってっちゃダメだよ、他の人に迷惑だから」
「でも……」
「サイレンで起きるの。絶対起きれるから」
ここでフォークを持った私の手が止まります。
(サイレン?)
看護学校だろうか?それとも警察学校とか……。たしかに背は高いし、体力はありそうだし。
考えているうちに話はどんどん進みます。
「私服は必要ですか?」
「うーん、1年の間はどうかなあ、持っててもいいんだけど……」
「外出も制服なんですか?」
「そう、制服。休暇の時に帰省するときは私服。だからその時だけ」
もう、昼飯の味なんて忘れてます。
(夜も日曜も制服って、いったいそれは……あ、自衛隊!)
「目立っちゃいますね」
「横須賀はまだいいの、近くに基地があるから」
(う、違うのか?しかし横須賀)
「横浜あたりとか行くと、目立つよお。駅員とかと間違われるし」
(そうか、この二人は)
「防衛大の制服って、わかんないよね」

そう、横須賀にある自衛隊幹部養成学校(最近はそうでもないみたいだけど)、防衛大学校の学生と新入生なのでした。
でもまあ、どこから見ても普通の女の子(当たり前だ)。
4月からの新生活は、そりゃ緊張するだろうなあ。斜め前に座った新入生の方は、廻りの事なんてまったく関係ないって感じで一生懸命聞いています。
先輩の方は、高校の先輩なんでしょうが、ちょっとびびらせて楽しんでる風でもあります。ですがなかなか親切な先輩のようで、微に入り細にいり教えています。
「6時半の起床の時は点呼をとるの。5分で寝具を片付けるのね」
「はい」
「バームクーヘンあるでしょう」
「は?」
(なんだいきなり)←これは私。
「布団をね、バームクーヘンみたいにくるくるってまとめるの。バームクーヘンみたいに端がきっちりそろってなきゃいけないの」
「へええ…そうなんですか」
(へええ…そうなんだ)

後輩が質問します。
「ドライヤーとか持ってかないといけませんよね」
うーん、一昔前の高校の修学旅行みたいな質問だと思って泣けてきます。
ところがその答えは予想もしないものでした。
「あ、ドライヤーね。要らない」
「え、要らないんですか」
後輩の方もさすがにびっくりした顔です。
「髪短くしちゃうし、それに使う時間ないから」
「時間、ないんですか……」
「うん、ドライヤー誰も持ってないよ」

この4月から日本中でたくさんの若者が新しい生活を始めると思います。
しかし、「ドライヤー、いらない」という若者ははたしてどれだけいるのでしょうか。

そして次に先輩が挙げた「時間が無くで出来ないもの」にはさらに驚きました。
「あのね、歯みがきも出来ないよ。時間ないから」
うそだろ?!
と私が思うのと同時に後輩が発言していました。当たり前です。
「えーっ」
「ホントに時間ないの。ゆっくり磨いてるヒマないの。だからねね、どうしても磨きたいって時は、トイレの中で磨いたらいいよ」
こういうアドバイスは親切というべきなんでしょうが、後輩の顔は完全に暗くなってます。

まあ、少々脅かして楽しんでるってのもあるんでしょうが、大変な生活が4月から始まることは間違いありません。
「歯みがき事件」で一瞬たじろいだものの、後輩は「あ、いっぱいきかなきゃいけないことがあるんです」と立ち直り、まだまだ二人のお昼は終わる気配はありません。

(がんばれよっ)と心の中でつぶやいて、店を出た私。
咲き始めた桜の下を、ちょっと冷たい風がくすぐりました。
春本番です。


posted by 紅灯 at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぼくの知人の女性にその大学出身の人がいるので、会話の序盤でわかってしまいました(いろいろな知人がいるのです(汗))。
確かに、そんな感じみたいですね。ラッパじゃなくてサイレンなののかな―とも思いましたが。
差支えがない範囲で聞いたことを記してみますと―。
・体育祭(みたいなもの。たぶん実際の名前は違うはず)で寄宿舎どうしで競技するのは、ハリー・ポッターの映画のみたいなノリだそうです。
・歯磨きどころか、就寝時間後に勉強せねばいけないときは、トイレでしていたらしいです。
・ついうっかりすると、今でも鼻歌で軍歌が出てくるらしい―などなど。
やはりまだまだ、知らない世界は多いものです。
Posted by やし太郎 at 2008年03月29日 23:19
鼻歌が軍歌。学祭では(あるのか?)軍歌のラップなんかも披露されたりするんでしょうか。
ところで軍歌って、新曲はないんですかね。やっぱり戦争がないと軍歌のニューカマーもないのでしょうか。それとも知らないところでできてるのかな。軍艦マーチ'08なんて(西暦はないか)。
Posted by 紅灯 at 2008年03月30日 10:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。