2007年12月27日

「ほとんどいっぱいです」

macに乗り換えて一ヶ月。大変に調子が悪い。
健康状態じゃありません。むしろ、大変美しいディスプレイ&フォントが精神衛生上きわめてよろしい。前にも書きましたが、自分の文章がうまくなったんじゃないかという錯覚はもう自己陶酔レベルまで行っちゃってます。

じゃ何が調子が悪いかというと、macそのもの。
ほとんど毎日何らかのトラブルが発生しております。

その1。
付属のメーラー「mail」をgmailのビューワーとして使うために設定したら、「起動」→「予期しないトラブルです」→「自動強制終了」を繰り返すように。もともとgmailの設定前から「mail」は不安定だったのですが。macな人にも聞きましたが
対処のしようがなく、今ではthunderbirdを使っています(これが大変使いやすい。不幸中の幸い)。

その2。
イラストレーターとフォトショップを同時に使っていたら、突然「起動ディスクがほとんどいっぱいです」のエラーメッセージ。よく事態が飲み込めなくて、最初はメモリがいっぱいいっぱいになったのかと思いましたが、もちろん違います。

要するにハードディスクの容量が足りないぞということなんですが、まだ購入1ヶ月。200ギガ以上残ってます。おまけに外付けHD250ギガを2台連結(1台はタイムマシン用)。
この後今に至るまで、同じメッセージが頻出するようになりました。itune使っても出てくる。

どうなってるんだ一体。

ていうか、PCの分際で「ほとんどいっぱい」とは何事だ。PCならPCらしく「あと123メガしかないです」とか「2バイト文字400字でいっぱいになっちゃいます」とか言わんかい。数数えるのが仕事だろうがコラ、などとつい下品になってしましました。
でもそうやってちゃんと数えてくれたら、「あ、兄さん、ワシが間違ってました。ヘタ打ってもて、えろうすんまんせん」となることは明々白々なんですから。
クライアントにはちゃんと確認してから報告する。仕事の基本ではありませんか。ねえ。

その3。
macの最新OS「leopard」には「タイムマシン」というものすごい名前の機能があります(いい度胸してるよな)。
要するに、外付けのHDに丸ごとそっくり自動で定期的にバックアップしてくれて、専用の画面で自由自在にコントロールできる。相当の過去まで(HDの容量の許す限り)さかのぼり、ファイルやシステムを復元できるという、「うわあこれすげえ便利そう」と思う割には実はあんまり使わない機能であります。

ちなみに「leopard」発売からしばらく、外付けHDが品薄になっていたようです。
私も、カードで買うと嫁さんにバレるので(この買い物の意義を嫁さんに説明する能力は私にはない。でも外付けHDが知らないうちに我が家に一台増えていても絶対にばれない確信がある)、なじみのベスト電器の店頭でこっそり買おうとしたら、firewireタイプの300ギガ人気機種は売り切れ、入荷待ちでした。
店員さんにいつ入るか聞いたら
「1週間くらいです。最近急にHDが売れちゃって、不思議なんですよねえ」。
おいおい、ちゃんと勉強したほうがいいですよ。同じフロアでmacもleopardも売ってるんだから。そんなことだからヤマダ電機に(以下自粛)。

で、しょうがないので別の機種を買ってきて(嫁さんの留守をねらったので1週間待つわけにいかなかった)、いそいそと接続して、「おー、すげえすげえ」と用もないのにファイルを復元したりして喜んでいたのですが(バカだね)。
最近これもエラーメッセージが。

「バックアップするには250ギガ必要ですが、240ギガしか空きがありません」・・・。
250ギガ必要ですがって、そもそもうちのimac250ギガしかないんですけど。一体何をバックアップしたいの?
タイムマシンのHDをタイムマシン自身がバックアップを図ろうとしているのではないかと思われますが、もちろん、そうならないよな設定は(バックアップのチェックを外)しています。
これが毎日出るようになってすでに1週間。

このほか、ハングアップ、システム終了不可能で強制電源スイッチ長押し切断などは数えきれず。

「macってこんなに不安定なの?これじゃ窓s95と同じじゃないかあ」などと身近なmacな人に泣きついたら、「そんなはずないんですけどね」としばらく思案顔。
で、「ひょっとしたら・・・」の前説付きで指摘したのは「パラレル・ディスクトップ」の存在。

「パラレル・ディスクトップ」というのは、mac上で窓を動かす仮想ソフトで、leopardに標準装備されて話題になったbootcampがwinを使うためには起動し直さないといけないのに対して、これはmacを使いながらwinも使えるというすぐれもの。

いいですか、mac画面にwin画面が開いて、そこからファイルをドラッグアンドドロップできるんですよ。もう魔法。超魔術の世界。
「一太郎」派の私としては大変重宝しているんですが、どうもこれが怪しいとの指摘。

確かに、最初は快適にさくさく動いていたんですが、最近はパラレルを起動していると、もう全体が重くなって重くなってどうしようもない。メモリを増やせば解決するんだと思っていたんですが。
特にパラレルとfirefoxを同時に使うと必ずfirefoxがハングアップする。最初の頃は無問題だったのに。

今年は珍しく、年内の仕事があすでけりをつけられれそうなので、正月の間にすべてインストールし直してみようかな。


ラベル:Mac
posted by 紅灯 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | win→mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。