2008年03月30日

アードベッグなビール

黒ビールというとギネス。
ですが、最近はエビスの黒とか、サントリープレミアムの黒とか、本場に全く引けを取らない国産の黒ビールも出ていて嬉しい限り。ギネスと比べると、いずれも少し軽めでフルーティ、冷やして飲んだ方が美味しい気がします。
黒ビールは「大好き」という人と「苦手」という人が極端なような気がしますが、そもそもビールと黒ビールは基本的に別の飲み物と考えた方がいいのかもしれません。
ギネスは、缶ビールなどには「冷やして飲むように」と指示があります。しかし私としては基本的には常温で飲むものと思っています。
「ぬるいビールなんて飲めるか」という人もいるでしょうが、だからビールとは別物なんだってば。

続きを読む


posted by 紅灯 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒・料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

「ドライヤーは、いらないよ」

デイタイムは分単位、追い込んでくると秒単位でたたみかけられる仕事をしていると、とにかくほんの少しでいいので気を抜く時間が欲しくなります。そういう意味で出来る限り確保したいのが昼食時間。
食べることが目的と言うより、一人になりたい。とにかく私を放っておいて!という時間が欲しいのです。1時間とは言わない。30分でいいから。ぼーっとしながらご飯食べてコーヒーを飲む。大切な息抜きタイム。

で、とあるカフェでランチ食べていたのですが、隣のテーブルに座った若い女性2人の話が聞こえてきます。私の並びの女性はよく見えませんが、反対の席に座った女性は、高校生くらいでしょうか。割と大柄でボーイッシュなショートヘアにすこしおっとりした顔。
話に夢中になっているので、隣のおっさんのことなど全く見てません。言葉遣いから、このおっとりした子の方が後輩のようです。
続きを読む
posted by 紅灯 at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

ゴディバ・コーヒー


この世にあることは知っていても、まあ自分では試さないだろうということは数々あります。
嫌いじゃないし、むしろ何となく関心はあるけど別にそんなことしなくても十分楽しく生きていけるしさ、みたいなこと。
私の場合なら、マラソンするとか、ガンプラを作るとか、アボガドを食べるとか、そういうことがすぐに挙げられるのですが、「フレーバーコーヒーを飲む」というのもその中の一つでした。
元々香りのあるものに、別の香りをわざわざつける必要はないじゃないかと思うわけです。紅茶だって、アールグレイ以外はあんまりフレーバーティは好みません。なんてすぐに「アールグレイは可」などと言っているので結局のところ説得力はまるでないんですけどね。

続きを読む
posted by 紅灯 at 17:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 酒・料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

結局買ってしまった

macに乗り換えて最大の課題だったプリンター問題。
ちょっとおさらいしますと、仕事場のオンラインプリンターがどれもこれもmac-osx「Leopard」に対応していないという驚愕の事態に直面した私は、とりあえず問題を先送りするという挙に出ました。プリントしなきゃならない書類は、USBメモリに吸い出して、仕事中の人のところにトコトコでかけて、「ちょっとごめん」「いやいや悪いね」などと言いつつ、プリントアウトしてもらうという、人でなし的なメイワクをかけていたわけです。
続きを読む
ラベル:Mac Windows
posted by 紅灯 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | win→mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

意外なメディアにまっとうな記事

水俣病の記事というのは、熊本ではどこかの新聞に載らない日はないんですが、一歩熊本を出ると読む機会がほとんどなくなります。
なので海外のメディアが「いまだに解決されない日本の水俣病」と取り上げたりすると、「え、なにそれ」みたいな反応が返ってくるわけです。ほとんど国辱モノ。

というわけでかどうかは分かりませんが、意外なメディアに水俣病の記事が載りました。
http://www.mil-box.com/
これ、「防衛ホーム」っていう自衛隊の新聞です。
続きを読む
ラベル:水俣病 自衛隊
posted by 紅灯 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 水俣病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

会費制じゃないパーティ

仕事関係でおつきあいのある、某美術団体のパーティに呼ばれて行ってきました。
人見知りする性格なので(うそだ!と思った方、本当です)、パーティの類は苦手ですが、仕事とあれば仕方ありません(などと言いつつ、本当は記念品として全員に配られる出席者のイニシャル入りの肥後象眼が欲しかったとは口が裂けても言えません)。
ただ、直前になってハタと気づきました。
手ぶらで行っていいんだろうか?
続きを読む
posted by 紅灯 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

疲労回復

くたびれ果てた昨夜11時過ぎ、仕事場を後にして晩飯を食べに出かけました。晩飯って言う時間じゃないですが。
行き先はこんな時間でもちゃんとしたものが食べられる小料理屋さん。私と同年配の料理人、宮本さんがやってる小さなお店です。
私の顔見るなり宮本さん、「疲れてますねえ」。

まずはビール。突き出しは馬ひも(あばら肉)の燻製バルサミコソース、筋子、キンカン。
続きを読む
posted by 紅灯 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒・料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

明日への遺言(続)

今回は映画の内容・結末に触れています。未見の方はご注意を)。

映画は、空襲の歴史についてドキュメンタリー・フィルムから始まります。
かなり長いうえに、竹野内豊のナレーションがあんまりと言えばあんまりな出来で、よく耳に残らない。あのたどたどしさから実直な雰囲気を生み出したかったんだろうなと思うんですが、それにしてもたどたどしすぎる。ニュースアナウンサーが言うところの「原稿の意味、わかって読んでる?」ってやつです。
ですが、要するに戦略爆撃について問題提起したいんだなということはまあわかります。

そして紹介される「事件」。
続きを読む
ラベル:明日への遺言
posted by 紅灯 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

追悼・広川太一郎さん

本来なら「明日への遺言」の続きなんですが、広川太一郎さんの訃報が届きました。
まだ68歳。がんだったそうです。

広川太一郎さんといえば、ロバート・レッドフォード、ロジャー・ムーアなど正当派2枚目をこなしつつ、マシンガントークのギャグ満載コメディも得意とする方でした。
ただ、俳優出身の声優にはこうしたケースは珍しくありません。メジャーなところでは山田康雄もそうですし、「ヤマト」の古代進や「ポワロ」のヘイスティングスなど2枚目キャストの印象が強い富山敬も、「ちびまる子ちゃん」の友蔵など思いがけない役柄で登場して楽しませてくれました(そう言えば富山敬もガンでの急逝でしたな)。
こうしたことは、TVの洋画劇場の初期に俳優としても一流の舞台役者たちが多数協力したからこそのことで、彼らのサービス精神あふれるエンターティナーぶりが日本の「吹き替え映画」を世界に例のないジャンルに育て上げてくれました。
その中でも広川太一郎の特異なキャラクターぶりは際だっていました。
続きを読む
ラベル:広川太一郎
posted by 紅灯 at 16:26| Comment(3) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

明日への遺言


映画好きが高じて、2年ほど前、自宅に110インチのホームシアターを作りました。
といっても専用の映画ルームなんかではなくて、サンルームリビングみたいな少し広いスペースを利用してプロジェクターとスクリーンを置いただけなんですが。
そういう場所なので昼は当然観られません。夜だけ。
その程度でも、最近は100インチくらいの試写室みたいなシネコンもありますから、結構満足してみているんですが、弊害が一つ。

映画館にあまり行かなくなった。

続きを読む
ラベル:明日への遺言
posted by 紅灯 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そして謎は‥‥楽天シリーズその4


楽天側が言うように、「同じカード番号で決済できたり決済できなかったりすること」が果たしてあり得るのか、カード会社に電話してみました。
応対してくれた人は、前回問い合わせたのは違う人なので、これまでの経緯をまず説明するのが何とも大変だったのですが(というか、説明することを考えるだけでうんざりしたんだけど)、とりあえず事態を理解してもらいました。
で、結果から言えば、その答えは「ある」ということなんです。

続きを読む
posted by 紅灯 at 18:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

謎が謎を呼ぶ 楽天シリーズその3

さてさて、最近私を悩ます、というかいい加減うんざりしてきた楽天シリーズですが、返事が来ました。都合やりとり7回目。ですが、内容を見ると、今回はようやくちゃんと調べてくれたようです。
ただ、今回は非常に驚きました。

続きを読む
posted by 紅灯 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

ナイトキャップ・スペシャル

熊本の街の魅力の一つは料理がうまいと言うこと。
要は「水がうまい」→「素材がうまい」→「料理がうまい」というシンプルな方程式がベースにあるわけですが、この式に代入する変数として、「料理人の腕」があるのはいうまでもありません。
熊本に限らず、概して九州というのは食いしん坊な人が多いように感じます。
「食い物なんか口に入ればなんだって同じ」という人は、少なくとも私がこれまでに会った経験では圧倒的に首都圏の人が多かった。まあそれは、「何だって同じ」ような「食い物」が街にあふれているせいなんだけれど。
続きを読む
posted by 紅灯 at 14:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 酒・料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

母ちゃん見てるか、のさっとるぞ

水俣病患者で語り部の杉本栄子さんが2月29日ご逝去されました。
3年前に胃ガンが見つかり、手術したのですが、その後別のガンも発見。去年からの闘病生活の末、なくなりました。まだ69歳でした。
葬儀が昨日、水俣市で行われ、私も行ってきました。
雲一つなく晴れ渡れ、水俣の海から空に青い色が抜けていくような気持ちのいい日でした。

葬儀には数百人が参列し、会場に入りきれなかったため、急遽扉を開けて外にもいすを並べる状況でした。
式の前の時間を使って弔電が読み上げられたのですが、最初の一通目がずいぶんと長い。続きを読む
ラベル:水俣病
posted by 紅灯 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 水俣病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。